鍼灸ネットの経済効果について

 皆様のお力添えがあり鍼灸ネットも順調に滑り出し、鍼灸ネットへの登録数も年々増えております。さらに、サーチエンジンなどインターネットで一般の方が鍼灸院を探すときに立ち寄る検索サイトへの登録の成果もあり、常に検索では上位に位置するようになってまいりました。
つまり、多くの方々が当サイトを通じて目的の鍼灸院を探し当てるという構図が出来上がりました。

 当初鍼灸ネットによる各鍼灸院にもたらされる経済効果(費用対効果)の試算を、このサイトを見て来院する患者さんが月何人ならこの位の増収が見込めるかもしれないという形で出しておりますので、参考までに数字を記載いたします。

【鍼灸ネット登録(掲載)後の増収益試算】

1回の治療費5,000円、初診料1,000円で算出)

新患数(人/月平均)

1回のリピートで年間

2回のリピートで年間

1

732,000

1,452,000

2

1,464,000

2,904,000

3

2,196,000

5,808,000

つまり新患1人で月1回のリピートで計算して年間732,000円の収入増に関する内訳は
初診料1,000×12人+治療費5,000×12×12ヶ月ということになります。

ただし過去のアンケートからすると多くの患者さんの平均的な継続治療回数は45/月連続して来院して、その後治ってしまえば1年くらい来なかったりしますので、年間6日来院してくれたとして計算すると

初診料1,000×12人+治療費5,000×12×6日ということで

新患数(人/月平均)

年間6回の来院で

1

372,000

2

744,000

3

1,116,000

程度の増収が個人の鍼灸院にもたらされることになります。さらに、これを(社)日本鍼灸師会会員の約半数の3千の鍼灸院が登録したとして全体で計算すると、鍼灸ネットによってもたらされる経済効果は

新患数(人/月平均)

年間6回来院で3,000院で計算

1

1,116,000,000

2

2,232,000,000

3

3,348,000,000

ゼロが並びすぎてわかりにくいですか?つまり鍼灸ネットを通じて月1人患者さんが会員の鍼灸院に来るようになると当会会員に約11億円以上の経済効果がもたらされるということになるのです。

いささか大それた数字になりました。実現するかどうか不確実な部分も残されておりますので、あくまでも試算ということでお考えください。IT委員の内輪の呼び方としては「とらぬ狸の皮算用プロジェクト」と言ったりもしております。しかし不景気のご時世少しでも前向きに取り組みたいと考えて目標に近づけるべく日々努力いたしております。ご支援後協力お願いいたします。

※鍼灸ネットに登録されている方々にお願い。上記試算を裏付けるための記録・統計解析を行いますので鍼灸ネットを見て来院したという患者さんがいたら必ず会事務局へその旨ご報告下さい。